法律を具体的に知る

成分に関する決まりがある

何が含まれているのか

パッケージに、必ず成分表示を記載しましょう。
それが薬機法で決められているルールです。
含まれている成分を、適当に並べれば良いわけではありません。
成分表示の正しい書き方が決まっているので、その通りに記載してください。
配合されている量が多い成分から。順番に記載する決まりになっています。

お客さんは成分表示を見て、自分の病気を改善できる医薬品なのか判断します。
成分表示の内容が間違っていたら、お客さんが選択を間違える原因になります。
そんなトラブルが起こらないよう、薬機法で成分のことに関する決まりが作られました。
誰もが安心して医薬品を購入したり、使用できたりしなければいけません。
そのことを理解して、医薬品を作りましょう。

医薬品しか使えない成分

医薬品にしか使えない成分があることを、みなさんは知っていましたか。
タウリンやブロメラインなどの成分は、医薬品にしか使えないと薬機法で決められています。
化粧品やサプリメントは医薬品ではないので、それらの成分を配合することはできません。
もし配合した場合は、薬機法を違反した罪で罰せられます。
成分を表示に記載しなければ気づかれないと、考えないでください。

悪いことをしたら必ず気づかれますし、大きなトラブルになります。
医薬品やそれ以外の製品の大きな特徴や違いを把握すれば、薬機法で使用が認められている成分を配合できるはずです。
また、生薬をサプリメントなどに使用することも同じく薬機法で禁じられていることを忘れないでください。


この記事をシェアする