法律を具体的に知る

医薬品を販売する時に気をつけること

書いてはいけない言葉

必ず効果を発揮できるなどの言葉を、医薬品のパッケージに記載することは禁止されています。
医薬品を販売する時は薬機法を調べて、どのような言葉をパッケージに掲載して良いのか調べなくてはいけません・
人によって、効果を発揮できるか分かりません。
それなのに、誰にでも効果を発揮できると不確かなことを書くと、お客さんに嘘をつくことになります。

トラブルが起こったら大変なので、薬機法では商品の説明方法を制限しています。
そのような言葉を使わなければ良いので、医薬品を販売する時は言葉のチョイスを間違えないでください。
お客さんが興味を持ってくれそうな言葉を記載すれば大丈夫です。
薬機法で使用できる決まりになっている言葉を見つけましょう。

医薬品以外の場合

医薬品以外の製品を売る時に、医薬品と同じような効果を得られると記載することはできません。
薬機法で、きちんと禁止されています。
シミを改善する化粧品や、身体の不調をなくすサプリメントは医薬品に含まれません。
ですからそのような言葉をパッケージや広告で使ったら、処罰に対象になります。
別の言葉を使って、効果を発揮できる化粧品やサプリメントであることをお客さんに伝えなければいけません。

医薬品の時に使える言葉と、化粧品やサプリメントの時に使える言葉は異なります。
薬機法で細かく決められているので、販売する立場の人はまず初めに詳しく調べないといけません。
お客さんとトラブルが起こってからでは、遅いと理解しましょう。


この記事をシェアする