医薬品に関する身近な法律「薬機法」とは

法律を具体的に知る

薬機法のことを把握しよう

薬機法では、医薬品をいくつかの種類に分けられています。 それによって誰が扱えるのかも変化します。 強力な成分が含まれている医薬品は危険なので、専門的な知識を持っている医師だけが処方できます。 ドラッグストアにある医薬品は、基本的に誰でも使用できます。

医薬品を販売する時に気をつけること

薬機法では、医薬品を販売する時の注意点も記載しています。 販売する時は細かいルールがあるので、必ず守らないといけません。 ルールを破って医薬品を販売すると、使用者の病気を悪化させる可能性があります。 すると、医薬品を製造した側が責任を取らなければいけません。

成分に関する決まりがある

どのような成分が含まれている医薬品なのか、気になる人が多いと思います。 そのために、薬機法では成分表示を必ず記載するように決まっています。 成分を見れば、安心して使える医薬品なのかすぐに判断できますね。 また、医薬品にしか使用できない成分も存在しています。

医薬品は分別される

薬機法では、医薬品を使用する際の注意点がまとめられています。
病気を治療するために開発された薬でも、使用方法を間違えると身体に悪影響を与えます。
薬機法を知っていれば、間違った使用方法になることはありません。
きちんと理解してください。
また使用方法だけでなく、医薬品を販売する時の注意点も薬機法に記載されています。
医薬品を販売するメーカーで働いている人は、見逃せない部分です。
薬機法を知らないと、いつの間にか法律違反をしてしまう恐れがあるので気をつけてください。

医薬品だけでなく、化粧品も薬機法に含まれています。
化粧品を購入する時、販売する時はどのような部分に注意すれば良いのか知っておくと便利です。
ドラッグストアで医薬品や化粧品を簡単に購入できるからこそ、法律を細かく決めて管理しなければいけません。
間違った使用方法になると、病気を引き起こす危険性があります。

サプリメントは医薬品に含まれませんが、薬機法が適応される部分があります。
普通に生活を送っていれば、薬機法のことを知る機会はないと思います。
自分から積極的に調べないといけません。
誰だって病気になれば医薬品を使いますし、綺麗に見せるため化粧品を使用すると思います。
つまり、誰でも関係があるという意味になります。
調べることを面倒だと思わないで、薬機法の仕組みを知ってください。
法律のことなので理解するのが難しいと感じるかもしれませんが、案外内容は簡単です。